ルジェンテ文京春日

EQUIPMENT

image

EQUIPMENT

SECURITY

日常の安心・安全を守るセキュリティシステム。

オンライン24時間セキュリティ概念図

オンライン24時間セキュリティ

各住戸に設置した24時間稼働の各種センサーが異常をキャッチしたり、非常押しボタンが稼働すると、その情報を管理事務室内の総合監視盤を通じて「ALSOKガードセンター」及び「東急コミュニティー設備緊急センター」に自動通報します。昼夜問わずに、ALSOK警備員が現場に急行し、万一の場合には、関係機関にも緊急連絡します。

トリプルセキュリティ概念図

都市生活の安心を彩る
トリプルセキュリティ

エントランスのカメラ付きオートロック、エレベーターセキュリティ、防犯対策を施した玄関扉によるトリプルセキュリティを導入し、不審者の侵入を抑制します。
※カラーモニター付インターホンは、風除室のオートロック解錠時でのモニター確認となります。

参考写真

非接触キー

操作盤に鍵をかざすだけで解錠可能。荷物を持っている時に便利です。

ダブルロック

上下2ヵ所で施錠するダブルロックを採用し防犯性を高めています。

参考写真

防犯カメラ

エントランスなど、要所に防犯カメラを設置。不審者の侵入を抑制します。

カラーTVモニター付インターホン

共用エントランスの来訪者をカラー画像と音声で確認できます。また、録画・録音機能もついております。

防犯センサー

玄関ドアとすべての窓に防犯センサーを設置。セキュリティシステムと連動し、センサーが異常を感知すると自動通報。
※FIX窓は除く。

STRUCTURE

見えない場所だからこそ、こだわり抜いて採り入れた構造。

概念図

杭基礎構造

現地でコンクリートを支持地盤まで流し込み、杭の先端を強固な地層まで到達させる”場所打ちコンクリート杭”を採用。また、8本の杭は先端を広げた拡底杭とし、その抵抗力によって建物を支える杭基礎を採用しています。

概念図

二重床・二重天井

将来のメンテナンスやリフォームにも柔軟に対応する二重床・二重天井。床はゴム付支持脚の採用により遮音性にも配慮しています。

概念図

溶接閉鎖型せん断補強筋

主要構造部(基準2条)のコンクリート柱において、帯筋として継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型の高性能なせん断補強筋を採用。一般的な帯筋に比べ、せん断力に対する補強効果が高く、柱の耐震性を向上させています。また、大きな地震の際に生ずる、大きな押しつぶしの力には、主筋のはみ出しを抑える役目を果たし、柱の抵抗力を高めます。(基礎梁部を除く)

概念図

強度を高めたコンクリート

一般的なコンクリート強度約24N/m㎡に対し、36N/m㎡の強度を高めたコンクリートを採用しました。これは1㎡あたり約3,600tもの重量を支えられることを示しています。
※杭・付属施設・捨てコンクリート・土間コンクリート・外構擁壁等を除く※「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2009(日本建築学会編)」の考え方を引用※コンクリートの構造設計の際に基準とするコンクリートの圧縮強度、材齢は28日を標準としています。

概念図

戸境壁

戸境壁は約200mmのコンクリート壁を採用しています。
※Aタイプ〜Bタイプ間。※Bタイプ〜Cタイプ間は、t=137mmの乾式遮音耐火間仕切。

概念図

Low-E複層ガラス

窓は断熱性の高い複層ガラスを採用。結露を抑え省エネ効果もあります。

概念図

外壁

外部に面するコンクリート壁は約150mm~200mmを確保。内側には断熱材やプラスターボードなどを配しています。

概念図

鉄筋の耐久性に配慮したコンクリートかぶり厚

鉄筋に対するコンクリートの設計かぶり厚さを建築基準法の基準値に約10mmプラスし、耐久性に配慮しています。

概念図

耐久性を高めるダブル配筋

主要な床・壁には、コンクリートの中に二重に鉄筋を配したダブル配筋(またはダブルチドリ配筋)を採用しています。より高い耐久性を確保します。

概念図

耐震玄関ドア枠

基準値範囲内における地震による変形でドアが開かなくなる状況を軽減します。
※住戸玄関ドアのみ

住宅性能評価

国が定める第三者機関が品質を証明する、住宅性能評価を取得済みです。

7/20(土)より
第1期2次販売登録受付開始
※掲載のモデルルーム写真は2019年2月に建物内モデルルーム1002・1003号室を撮影(image photo・参考写真は除く。)したもので一部オプション仕様を含んでいます。家具・調度品・有償オプション等は販売価格に含まれません。また、タイプにより仕様・形状等は異なります。
※撮影月の記載のない写真は全てimage photoです。